【山行記録】 今期最後の雪上訓練 残雪の涸沢カールへ…
先日、残雪期の保険の意味も兼ねてアイゼンとピッケルを購入した。
保険のつもりで買ったとはいえ、買えば買ったで使ってみたくなるもの…
せっかくだから、雪上訓練を兼ねて、GWの残雪の涸沢カールへ行く事にした、のだが…。
f0222003_2113253.jpg




f0222003_18515750.jpg
f0222003_18521039.jpg



2010年4月28日 天候:雨

・ 高低差、距離、コース概要は上記の通り。





僕は、先日アイゼンとピッケルを購入した際に、GWは涸沢へ行こうと心に決めていた。
とはいっても、険しく連なる穂高連峰を登りたいと思ったわけではない。穂高は眺める事ができれば今は満足である。
僕が涸沢に行ってやりたかったこと、それは…

雪上訓練である。

僕は今シーズン度々北八ヶ岳に通い、スノーシューによる雪上歩行は何度も経験してきた。
その折に何度か壷足で歩く事もあり、雪上歩行に関してはそれなりに数をこなしてきたつもりだ。
しかし、当然買ったばかりであるアイゼンやピッケルの使い方は全くわからないのが現状である。
アイゼンに関しては先日の奥茶臼山で予定外に使う羽目になってしまったが、それでも一度きりでは経験していないのと大差はない。

そこで涸沢である。
残雪の穂高連峰を堪能するのと同時に、アイゼン、ピッケルの使い方を学び、来シーズンの雪山に備えようと思ったのだ。
しかし、結論から言おう。
今回の涸沢カール雪上訓練計画は


一歩も登ることなく撤退の憂き目となった。


いや、厳密に言うと上高地ビジターセンターまでは行ったのだ。
雨の中バスターミナルを降り、ザックカバーやレインウェアの準備をしている時、管理スタッフのおじさんが発した言葉に僕は耳を疑った。

『横尾から先、涸沢カールまでは通行止め』


















(; ゚Д゚)??




鳩が豆鉄砲を食らったようなツラをしていた僕に、おじさんは続けた。
涸沢カールは昨晩からの雪で40~50cm近く積雪しており、それにより雪崩の危険性が非常に高いため、横尾より上への登山は自粛せよと県警からのお達しがあったそうなのだ。
その連絡があったのが僕がちょうど上高地ビジターセンターへ到着したのとほぼ同時刻であった。
沢渡の駐車場の段階でそれを聞いておれば、少なくともビジターセンターまでのタクシー代は無駄にせずに済んだのだろうが、もはや後の祭りである。

ここで選択を迫られた。
今は雨が降っているが、午後から晴れるとの天気予報である。
しかし晴れたところで雪崩の危険は逆に増すばかりだろうから、少なくとも今日中に通行止めが解除される事はないだろう。
ただ駐車場代、タクシー代を払ってここまで来ているのだから、このままあっさり引き返すのも癪ではあった。
テントを持参しているのだから、とりあえず横尾まで行き、1日停滞して明日涸沢に登るというのも選択肢の一つだった。
しかし、明日中に通行止めが解除されるという保証はない。
現状でも横尾まではいけるのだから、横尾まで歩き、景色を堪能して帰ってくるというのが最も建設的な意見と思えた。


しかし僕はここで一歩も歩くことなく撤退を決定した。
お金を払ったのにもったいないという意識もあった、午後から晴れるのならば綺麗な景色だって見れるに違いなかった。


しかし僕は今日、涸沢カール雪上訓練するために来たのだ。
それが横尾にハイキングに変わってしまったのでは興が殺がれるのも無理はないだろう。
思うところは色々とあったが、気が乗らないのに行ったところで楽しい事も楽しくなくなってしまう。
結局僕ら二人は沢渡行きのバスに乗り、到着20分での過去最速下山となったのである。


沢渡駐車場までバスで下り、車に戻ろうとしていると、行きのタクシーでお世話になった運ちゃんがびっくりした顔で話しかけてきた。
そりゃそうだろう、30分ほど前に乗せて行った客が突然下山してきたのだからw
訳を話すと 「そりゃ運がなかったなぁ…」 と言った後、「これに懲りずにまた上高地に来てよ!」 と言ってくれた。
もちろんである。
まだGWは始まってすらいない、来る機会はいくらでも訪れるだろう。
僕は、必ずこの連休中に再びここに来る事を誓い、後ろ髪を引かれる想いで上高地を後にしたのだった…。




ちなみに本日の出費は、高速代1800円×2、タクシー代4000円、バス代2400円、ガソリン代約2000円。

何もしてないのに12000円吹き飛んだ悪夢の一日であった(;´Д`)


↓ ご愛読ありがとうございました。ポチっとしてもらえると励みになります(*´∀`*)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

by misawa_re7 | 2010-04-28 21:15 | 山行記録 2010


<< 【山行予定】 GW登山 百名山... 【書 籍】 書籍と愛読書と山と... >>