【道 具】 アイゼン&ピッケル PETZL charlet VASAK & Black Diamond RAVEN PRO
先日、山の武器 (漫画、岳より) こと、アイゼン&ピッケルを購入した。
f0222003_2048382.jpg




当初僕の予定では、先日の北八ヶ岳縦走で今期の雪中山行はひとまず一区切りするはずだった。
そのため、ピッケル&アイゼンはしばらく使う予定がないため、今年の秋口くらいに購入する予定だったのだ。

そもそもそれ以前に、夫婦山行を始めた当初はピッケル&アイゼンが必要な冬期中級山岳以上には行くつもりなどさらさらなかった。
だから根本的に僕らにとってはアイゼンもピッケルも必要のない道具だった…はずなのだ。
しかし、先日の北八ヶ岳縦走の際、登り初めからいきなり登山道が前面凍結しており、アイゼンを所有していない僕らは初っ端から出鼻をくじかれる形になり、嫁に至っては滑って転倒するという醜態まで晒してしまった。

ここで僕は考えを改めざるをえなかった。
森林限界以下の低山であっても、アイゼンが無いと不便な場所がいくらでもある。
アイゼン、ピッケルというのは、なにも冬山上級者のための道具というばかりではなく、山の条件によっては僕らのような初級登山者にも必携道具になり得るのだということに気付いたのだ。
いや、考えようによっては、初級者ほどこういった道具に対しては用意周到でなければいけないのかもしれない。
そうと決まれば善は急げである。早速購入道具の検討に入ることにした。




まず検討材料として挙がったのは、アイゼンの爪の本数である。

前提条件として、残雪期の保険として所持するだけなら6本爪もあれば十分だ。
4本爪は更に携帯性が良く軽量だが、構造上しっかり固定ができそうになく、その都度ズレていてはかえって疲れそうな気がした。
どうせ買うならば6本爪だが、結局このクラスのアイゼンは前述したとおり保険としてしか使えない。
そもそも6本爪で登れるようなところなら、その気になればツボ足でだって登れる。


どうせだったら爪がもっとあってもいいんじゃねぇか??


僕がその結論に達するのは至極当然の結果であった。
そうなると必然的に8本、10本、12本の中から選択することになる。
8本は基本的に6本と大差ないので考えるまでも無く却下。ていうか8本って何かメリットあるのだろうか??
6本と差別化を図るならば、前爪のある10本か12本しか選択肢は無い。
まぁここまできたら、そこで爪を2本ケチる必要性を感じない。必然的に12本爪に決まった。
さて、せっかく12本爪の本格的なアイゼンを買うのだ。アイゼンだけ立派でも仕方あるまい。


どうせだからピッケルも買っちまえ( ゚Д゚)


僕の至極単純な思考回路により、元々は残雪期の保険として買うはずだったアイゼンが、いつの間にやら厳冬期にも対応するアイゼン&ピッケルの完全武装に化けてしまった。
いつもながら、この迷いの無い決断力には時々自分自身でも手に負えない時があるww
しかし、大は小を兼ねるもので、いずれまた欲しくなって6本と12本を別々で買うことになるくらいならこれでよかったのだ。多分w




f0222003_21383738.jpg
まずはアイゼンから。PETZL charlet 〔ペツルシャルレ〕 VASAKである。

アイゼンについては事前に色々と調べたが、そもそも雪山経験の少ない僕ではどれも大して差が無いように思えた。
無論素材的な問題、クロモリなのかステンレスなのかアルミなのか…あるいは爪の本数による違いくらいならばわかる。
しかしメーカーごとにこれといって機能上劇的な違いがあるようには思えなかった。
ならば自分の感性と、靴のフィッティングで決めてしまえということになった次第である。

個人的にカジタは古臭い感じを受け、グリベルはそこらじゅうで見かけるから嫌だった。
ブラックダイアモンドが有力候補だったが、正直ステンレスという素材に信頼がおけるのかどうかの判断材料がなく、保留。
とりあえずクロモリで上記以外ということでPETZLを試してみることにした。


f0222003_21484213.jpg
爪に関しては各社それほど差があるようには思えない。
実際自分で使ってみないと、長所、短所は見えてこないと思った。


f0222003_21535153.jpg
PETZLのアイゼンが構造上目に見えて優れているのはこの全長調整用の穴である。
他社のものが一列に空けられているのに大して、PETZLのアイゼンは穴が2列空いている。
これはすなわち調整幅の広さを意味する。

僕の登山靴はソールが完全に平坦ではなく、若干踵がアーチを描いている。
舗装路や林道などではそのアーチのおかげで固いソールの割りにすこぶる歩きやすくて便利なのだが、アイゼンを装着する段になってそれが逆に仇となった。
しっかり固定したつもりでも、アーチを描いている踵が若干浮いているため、適当に調整すると踵が外れてしまうのだ。
突き詰めていくと、結局調整幅の広いPETZLが最もフィッティングがいいという結論になった。
機能性も大切だが、アイゼンで最も大切なのはやはり靴へのフィッティングだろうから、この選択に間違いは無いと思う。




f0222003_2223530.jpg
次にピッケルは、Black Diamond RAVEN PROである。
重量約400gと比較的軽量な部類に入る。
岩や氷に打ち込むアイスアックスとしてのピッケルは、必ずしも重量が軽ければいいというものでもないが、この手の縦走用のピッケルならば雪面に打ち込めさえすれば必要最低限の重量でも構わないと思う。
僕と嫁はほとんど身長が同じなので、長さは同じでも良かったのだが、嫁は適切な長さの65cm、僕はそれより5cm長い70cmに決めた。
お互いの道具の差別化を図る意味もあるが、若干僕のほうが背が高いから長めにしたというのもある。
実際のところ使いやすいかどうかは使ってみないとわからないのでなんとも言えないところだ。


f0222003_2282684.jpg
何よりもこのレイヴンプロを選ぶにあたり、一番重視したのは握りやすさだ。
ヘッドがコンパクトな設計になっているため、グローブ越しでも、手の小さい女性でも非常に握りやすい形状だ。
握った瞬間 「あ、これしかないな」 と僕も嫁も即決したくらいである。
握りやすさ=ピッケルの性能ではないのだが、しかし僕らのように使い慣れない人間からすれば握りやすさは重要な要素だ。


f0222003_22153412.jpg
しかしスピッツェは見るからに弱そうだ。
他社のものは非常に鋭利なのだが、これに関してはかなり先が丸い。
凍りついた雪面に対してどの程度有効なのかは実際使ってみないとわからないが、この辺は他社のほうが優れていると思う。




そんなわけで、結局買う必要のなかったはずのアイゼンとピッケルを揃えてしまった。
前述したとおり、当初はそもそもアイゼンやピッケルが必要な山には登る予定などさらさらなかったのだ。
確かに、今でも危ない場所へは行きたくないとは思っている。しかし反面、雪山中級山岳くらいならば挑戦してみたいとも思っている。
その気持ちの表れが、今回のアイゼン&ピッケル購入に繋がったのは間違いない。
雪山はやらんとうちの両親にも嫁の両親にも公言している手前、あまり無茶なことはできないのが現実なのだが…。

しかし、山道具全般に言えることだが、何故だろう、こう、眺めているだけでやる気が出てくるのは…。
特に武器をも髣髴とさせるこの鋭利な切っ先を見ていると特に顕著である。
あまり無茶はできないが、しかし自分達のできる範囲で少しずつ色々挑戦してみたいとは思っている。



そんなわけで、GWは涸沢に行きたい!(>ω<)

もちろん涸沢までのつもりである。穂高の山々に登るだけの技量は無いから、眺めるだけで満足だ。


↓ ご愛読ありがとうございました。ポチっとしてもらえると励みになります(*´∀`*)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

by misawa_re7 | 2010-04-14 22:39 | 道 具


<< 【山行予定】 大絶景 南アルプ... 【道 具】 MILLET 〔ミ... >>