【山行記録】 3泊4日九州遠征 後編 祖母山 阿蘇山 〔2013.02.06~08〕
当初の雨の予報とは裏腹に、特に荒れる様子もなく穏やかな一日を終えた初日九重連山。
そのまま2日目阿蘇山、3日目祖母山と予定通り登り、九州遠征無事完遂…といきたかったのだが。
f0222003_2172820.jpg




初日九重連山を無事登り終え、僕らは初日の宿(といっても車中泊)道の駅阿蘇に到着していた。
道の駅阿蘇は、温泉施設がすぐ近くにあり、温泉施設内にはコインランドリーも併設されている、大変便利な施設だった。
山の連泊にあたり、日帰り温泉は当然として服の洗濯ができる施設が近くにあるというメリットは非常に大きい。
阿蘇周辺で車中泊をするならここは断然お勧めである。


さて、そんなこんなで風呂に入り、服を洗濯しているうちに外は雨模様となっていた。


当初の天気予報では初日から雨の予報だったのだから、降って当然。
むしろ初日九重連山に登っている間だけでも降らずにいてくれただけ御の字といったところだった。
2日目の予定は阿蘇山。予報では昼頃には雨が上がるという事だったが、果たして無事登ることができるのだろうか?
前日からの長距離運転&登山で二人とも疲労はピーク。こんな状態で雨の中登山…ということになると体調悪化も心配だ。
明日の事は明日考えるとして、ともかく一刻も早く体を休めなければならない。
慣れない車内の寝床で、初日の夜は更けていった。



f0222003_21333484.jpg

『濃霧の為、天候が回復するまでロープウェイは運休』


そのアナウンスを苦々しく聞いたのは2日目の朝だった。
体力を温存するためにロープウェーを利用しようとしたのが返って裏目に出てしまった格好だ。

こうして、九州遠征2日目は、暴風と濃霧から始まったのである。

正直、天候は最悪と言わざるを得ない状況だった。
濃霧は到底数時間単位では晴れる様子もなく、遮るもののない独立峰である阿蘇山に吹き付ける風は、厳冬期の八ヶ岳を彷彿とさせるレベルである。
これがいっそ雪ならばまだマシだったろうが、残念ながら雨。
台風並みの強風の中、気温も低く、横殴りの雨…。
もはや低体温症にでもなってくださいと言わんばかりにお膳立てされた最悪の天候である。


僕は早々に撤退を宣言した。
いくら滅多に来れない山域とはいえ、自分たちの命を秤に載せるのはあまりに馬鹿げている。




九州遠征2日目阿蘇山。雨天により中止




こうして2日目は結局登ることもできず、その雄姿を目にすることもなく阿蘇を後にし、一路翌日の目的地である祖母山の麓高千穂へ歩を進めることとなった。





日程は残すところあと2日。最終日は13時間の移動があることを考えると、やはり登ることができるのは実質1日。
阿蘇山は諦め、予定通り3日目に祖母山に登り、4日目に大人しく帰宅するしかないのだろうか…

いや、何か方法はあるはずだ。
地図を広げて、ない頭を総動員して考える。あと実質1日で、祖母山、阿蘇山を登る妙案を。

いや、実のところ、悪天候で丸一日潰れた場合の事を想定して、1日で2山を登る妥協策は初日の晩から考えてはあった。
しかしあくまでも妥協策は妥協策、決して良案とは言い難いものだった。
だが、残念ながら当初僕が考えた妥協策以外に取るべき方法を見出すことができなかった。

結果として僕らは実質1日で2山を登るというかなり無茶な計画を実行に移すこととなったのである。











f0222003_2203675.jpg
そう、僕が考えた妥協案とは、ごくごく簡単な事だ。
1日で2山登る為には、1山目を早朝に、かつ可能な限りスピーディーに登ってしまえばいいのだ。
祖母山に登り始めたのは3時。
山頂に到着したのは6時前。そして山頂で日の出すら迎えることなく下山。



祖母山は犠牲になったのだ…



祖母山を軽視するわけではないが、タイムスケジュール上これより他に手段がなかったのは事実だ。
最初のブログで述べたとおり、今回の目的は百名山ピークハント。
たとえ道中真っ暗で何も見えなかろうと、山頂から綺麗な景色が見えなかろうと、山頂を踏むのが目的なのだ。そしてその目的は無事果たされた。


f0222003_22135952.jpg
だが、結果のみを言うならば、決してその決断は間違っていたわけでもなさそうだ。
下山後の祖母山山頂は濃いガスで覆われており、山頂で晴れ間を待っていたとしたら時間だけが無為に過ぎていた事だろう。
こうして山頂を踏むだけのやっつけ仕事感は大いに恥じ入るところだが、祖母山の山頂を無事踏んでくることができたのである。

随分省略はしたが、アイゼンなしでツルツルの急斜面を登る羽目になったり、途中の林道で泥にはまってスタックしそうになったりと実は結構スリリングな山行だった。
あまりに人気がなさ過ぎて、思いっきり怖かったしw
別に言い訳をするわけではないが、祖母山、景色は全く見えなかったが想定以上に面白かった。
いつか機会があれば登り直したいとは思うが、距離が距離だけにその機会が訪れるかは未知数だ。



f0222003_20482457.jpg
祖母山を後にし、僕らは一路阿蘇山の麓へ。この時点で時間は午前9時。
阿蘇山の天気は良好で、時間的にも天候的にも十分登頂可能だった。
そうでなければ祖母山を早々と切り上げた意味がなくなってしまう。




f0222003_20524448.jpg
ロープウェイを使って火口付近へ。
この日は大変風が強く、警戒レベルが高かった為火口の近くへは進入禁止だった。



f0222003_20544973.jpg
観光客とは違う方向へ歩き、登山口へ。
阿蘇山のパノラマ




f0222003_20533658.jpg
正面の崖のように見える場所が登山道だ。
こうやって見ると結構険しい。


f0222003_20564990.jpg
急な傾斜をテンポよく登っていく。
同じ火山ということもあるが、北アルプスの焼岳と雰囲気が非常に似ていると感じた。
個人的に火山の雰囲気は好きだ。


f0222003_2057581.jpg
砂千里ヶ浜からの急斜面さえ登ってしまえば、阿蘇中岳までは緩い稜線だ。
まさしく走ってくださいと言わんばかりの気持ちのいい稜線。


f0222003_20595569.jpg
しかし、朝見上げた天候とは裏腹に、この日阿蘇山の稜線は突風が吹き荒れていた。
その強さは厳冬期の八ヶ岳並かそれ以上。まともに立っているのも苦しいほどの突風だった。
走っているとどんどん風下に体が流されていく。
この風さえなければ、気持ちいい稜線ランが楽しめたものを…


f0222003_212514.jpg
15分ほど走ると、あっという間に中岳山頂へ。


f0222003_2161779.jpg
こうして、阿蘇中岳へ無事登頂することができた。
時間にして1時間ちょっと。最短ルートを選んだのだから当然と言えば当然のタイムだろう。

一日で2座。
当初はかなり厳しいだろうと覚悟していたスケジュールだったが…
荷物が軽かったことと、ルートの半分くらいを走り抜けることができたおかげもあり、蓋を開けてみれば時間的には随分余裕の工程となった。
天候も決していいとは言えなかったが、雨が降らなかっただけマシとすべきだろう。
祖母山、阿蘇山のいずれもほとんど景色を堪能することができなかったのは残念だが、無事ピークを踏むことができたので今回は良しとしておく。


f0222003_21131351.jpg
下山後は貸し切りの家族風呂で汗を流した。
公衆浴場より気兼ねすることなく入れるので便利だ。
風呂からは、初日に登った九重連山の末端が見えていた。まぁ実際に歩いた稜線ではないが。


f0222003_2115193.jpg
こうして、僕らの3泊4日の九州遠征は、無事3座踏破という形で幕を下ろした。
当初の予定では、もう一泊どこかで休んでから最終日に再び13時間運転して帰るつもりだったのだが、面倒だったのでその日のうちに帰宅してしまった。
交互に寝ながら順番に夜通し運転し、最終日の朝のうちに無事帰宅することができたのだった。



正直、最初は百名山消化試合のようなつもりで目的地を九州に定めたのは否定しない。
そりゃ北アルプスや南アルプスに比べれば格は落ちるし、その程度の気持ちで登りに行った自分を責めることもできない。
だがしかし、結果として僕の期待はいい意味で裏切られた。
どれも2000mに満たない、言わば低山。
しかし、今回登った山はいずれも個性的で、決して消化試合などとは言えないほど楽しい山行だった。
慣れない車中泊は腰が痛くなったり疲れが抜けなかったりとまだまだ課題を残したが、それもまた楽しい思い出だ。

距離が距離だけに、そう簡単に再訪することもできないのは重々承知の上だが、またいつか訪れたい、そう思わせてくれる山だった。



そして何より…現在





我が家がくまモングッズで埋め尽くされているのもまた一つのいい思い出だww



↓ またまたランキング急降下…応援のポチをよろしくお願いします(-´▽`-)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

by misawa_re7 | 2013-03-18 21:34 | 山行記録 2013


<< 【ランニング】 またもやご無沙... 【山行記録】 3泊4日九州遠征... >>