【山行記録】 速報 強制ダイエット山行 3座 〔2013.03.6~8〕
少し体重を減らそうかな…正直そんなことを思った時期もありました。
だが今回は違う、そんなつもりは全く無かった。
しかし結果として体重は勝手に1.5kg落ちた。何故こんな事になったのか…
f0222003_2163026.jpg




相変わらず冬の間は仕事が暇な僕の業種。
前回の2連休、その前の4連休に続き、今回も3連休を取得することができた。
2泊3日でどこへ行こうか?最終的に候補に残ったのは2つのプラン




四国か関東




昨年あたりから百名山のピークハントに積極的に力を入れている関係上、いずれにせよ百名山を絡めたかった。

四国なら石鎚、剣山、帰りがけに荒島岳の3座。
関東なら丹沢、天城、筑波山の3座。

前者ならすべてが雪山、後者ならば多少の残雪はあれど、基本は無雪ということになる。
先月の九州遠征から遠征の楽しさを知ってしまったので、直前まで四国遠征が有力候補だったのだが…
やはり行ったことのない山域でいきなり雪山というのはリスクが高かろうということで、結果として関東近辺の3座を攻めることにした。
関東ならば比較的近場なので、万が一トラブルがあっても即帰宅できる範囲内だ。
そもそも3座とも低山だし、3日間天候も安定している。これといって発生しうるトラブルはないだろうと高をくくっていたのだが…


残念ながら今回3日間、僕はあるトラブルに悩まされ続けることとなった。
それは…






















急性腸炎(下痢)






この一連の流れ、僕のブログをずっと読んでくれている方ならピンと来たろうw
一昨年の南アルプス縦走敗退と全く同じ流れである。

今回の原因は全く不明。強いて言えば内臓が疲れていたのだろうか?
ともかく初日、丹沢に登る朝一番から最終日までトイレとお友達の3日間になってしまった。
汚い話で申し訳ないが、僕のコンディションは初日の丹沢から既に土石流と化しており、固形物を全く受け付けない状況にあった。
せめてもの救いは、前回の南アルプス聖岳の時と違い、水分とゼリーなどの流動食は辛うじて拒絶されずに済んだ点だろうか。
前回は薄めたスポーツドリンクすら拒絶され、山の上で脱水症状寸前だったのだから、それに比べればまだまだマシな方と言える。

初日を終えた時点で帰宅という選択肢も十分に考えられたが、栄養と水分補給が辛うじて可能という点を考慮して続行を決断。
ともかく夜は栄養のあるものをしっかり食べて、翌朝には全部出す。(ていうか勝手に出るw)
昼間の行動中はゼリーやジェルでカロリーを補給し、水分はスポーツドリンクをゆっくり摂取。
しかし、食べているとはいえ実質1食、しかも下痢ではまともに栄養が吸収されていよう筈もなく。
ただでさえ連日で疲労が蓄積しているというのに、食べられないからダメージを回復できない。
日に日に重くなる体を引きずりながら、なんとか予定通り3日間の工程を無事完遂することができたのだった。


冒頭でも触れたとおり、ランを始めてから2か月、足腰の関節への負担軽減の為に少し減量をした方がいいかもしれないと思っていた時期だったのは確かだ。
しかし、このような形で減量をするなど、全く望んではいなかった。
だが、残念ながら望む望まざるに関わらず災厄は再び僕を襲い、結果として不本意ながら1.5kgという思いがけない減量に貢献したわけである。


そんなわけで、全く望んでいなかった強制ダイエット山行2泊3日の詳細は近日!


↓ またまたランキング急降下…応援のポチをよろしくお願いします(-´▽`-)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

by misawa_re7 | 2013-03-08 22:31 | 山行記録 2013


<< 【山行記録】 3泊4日九州遠征... 【山行記録】 ブログ友とゆるハ... >>