【その他】 長野県民から見る学校登山事情
先日実家に帰って自分の部屋を漁っていたら、中学校時代の写真が出てきた。
その中には、今からおよそ16年前、僕らが中学2年生の時に登った御嶽山の登山の写真も紛れ込んでいた。
懐かしい写真を見ながら当時を振り返ってみようと思う。
f0222003_165775.jpg




長野県南部に位置する僕らの地域では、学校行事として小中学校合わせて3度の登山がある。
登る山は学校によってそれぞれ微妙に異なるのだが、僕の学校の場合

最初は小学校3年生の時に、標高1130mの近所の里山へ。
次いで小学校6年生の時に、標高1530mの同じく近所の里山へ。
そして、中学校2年生の時には標高が一気に上がり、3000m級である御嶽山へ登るのが恒例行事となっている。

学校登山は、僕らの地元に限らず長野県内の小中学校では比較的ポピュラーな行事である。
有名なところで言えば燕岳、仙丈ヶ岳、西駒ヶ岳(木曽駒ヶ岳)、中には奥穂高岳に登る学校すらあるくらいだ。

よく他県の方に学校登山の話をすると 『羨ましい』 という声を非常によく聞く。
確かに国内に名だたる名峰に、学校行事で登ることができるというのは都会の方からすれば贅沢な話かもしれない。
しかし、今思い起こすとこの学校登山と言う行事、必ずしも素晴らしい行事とは言い切れなかったのではないかと感じている。

それは何故か…??


f0222003_2115210.jpg
当時の写真。服装はもちろん学校指定のジャージに、防寒具は各自で用意。
学校のジャージは化繊だったから良いとして、防寒具に関しては何の指定もなかったから、今思えば綿のシャツを持参した人もいただろう。
当然ながら靴は防水のはずがないし、スニーカーや運動靴もちらほら見える。

ザックは今ではほとんど見なくなったキスリングタイプ。当然ながらザックカバーなんていう上等な物はなかった。


f0222003_2135144.jpg
そして信じられない話だが、雨具に傘を持ち歩いている。3000m級の森林限界上を歩くというのに傘である。
持ち物帳には、『雨具(傘も可)』 と書いてあったから、ほとんどの生徒が傘持参だった記憶がある。
この当時、透湿性素材のレインウェアなんてほとんど無かった。と、いうより一般には出回ってなかった。
そもそも1度きりの中学生の学校登山の為に高価な雨具を買い与えるという概念は無かった時代だ。ビニールカッパがせいぜいだったろう。

はっきり言って、信じられないくらいに悪天候に対するリスクマネージメントがなってない。
悪天候時に稜線上で傘なんか暢気に差してりゃ、2,3人吹き飛ばされるなんてことは可能性として十分ありうる。


さらに言えば、1学年の生徒130人に対して、引率する教師の数は10人に満たない。しかも当然の事ながら、先生方は山は素人である。
つまり単純計算で、山の素人が一人当たり15人近い生徒を受け持つ計算になるわけだ。
当然130人ともなれば体力も千差万別、楽々登れる奴もいれば死にそうになってる奴もいる。
ペース判断に天候判断、それらを指揮するのが山の素人なんだから無茶苦茶な話だ。

さらにその中でも保険医は1人。何かあったら1人で対応しなければならない。
怪我、体調不良はもちろんのこと、3000m級ともなれば高山病にかかる生徒も少なからずいるはずで、130人も生徒がいれば、そのうち5人~10人くらいは何らかのトラブルに見舞われてもおかしくない。
事実、山小屋に着いた時、高山病が原因と思われる体調不良で2,3人ぶっ倒れていた記憶がある。


しかし、結果論から言うと、僕らの学年は体調不良者が5,6人出たくらいで、後はこれと言って何の問題も起きなかった。
天候も安定しており、山頂でガスに巻かれて軽く小雨がパラついたくらいで、平穏無事な登山だった。

だが、僕の後輩の中には台風の中無理やり歩かされ、寒さにガタガタ震えながら死ぬ思いで下山したと言う奴が異なる年代で2人いる。
つまり、少なくとも彼ら2人の世代の大半の生徒は、脆弱な装備で暴風雨の中下山というトラウマを背負わされた事になる。
そして、彼らの世代が大人になったとき、中学でそんな経験をしてもなお、再び山に登りたいと思う人間が一体何人いるだろうか??
残念ながら、運悪く悪天候に見舞われ、山が嫌いになってしまった人も決して少なくない。




今振り返ると、学校登山といえば聞こえはいいが、その実態はかなり際どいものだったと実感する。
だが当時、その程度のことは何の問題にもならなかった。良くも悪くもそういう時代だった。
そもそも 『素人がいきなり3000mなんて、何かあったらどうするんですか!?』 などと親が言う時代ではなかった。
むしろ登って根性叩きなおしてこいとケツを叩かれる時代だったろう。

実は僕らが卒業して以降、一時期県内の多くの学校で登山が中止、あるいは高山>ハイキングへと流れた時代がある。
それは学校登山による山岳遭難が原因で、学校側が登山活動を自粛したものだった。
正直学校登山という行事は、教師からすれば問題山積みの難しい行事だし、保護者からすれば金銭的負担と子供への心配が大きい。
そして当の本人達からすれば何で苦しい思いをしてまで山に登らなければならないのかという不満も非常に多い行事だろう。
今の時代背景を考えれば、そのまま学校登山という行事自体が消えてしまってもおかしくはなかったのだ。


しかし近年、再び学校登山は復活し、その伝統は未だに引き継がれている。
それは、子供の頃から自然と山に接する機会を作ることで
長野県に住む我々に少しでも山を、自然を愛して欲しいという願いなんだと僕は思っている。


f0222003_22505687.jpg
山を愛し


f0222003_2249302.jpg
自然を愛し


f0222003_23195854.jpg
そして日々繰り返される大自然の営みに、感動する豊かな心を育む。
こんな時代だからこそ、むしろ自然に触れる学校登山のような行事が本当に必要とされているのかもしれない。


今現在、学校登山も時代のニーズに合わせて色々と事情が変わってきているようだ。
僕らの時代にはほとんどなかった山岳ガイド随伴も、近年では8割近い学校が山岳ガイドを雇っているらしい。
雨具も現在は安価な透湿性素材のレインウェアが3000円程度から入手できる点から考えても当時とは比較にならない。
当時とて手を抜いていたわけではないだろうが、より安全性を求める風当たりの強い中、限られた予算と時間の中で、安全に、かつ魅力的な計画を立てなければならない先生方の苦労には頭が下がる。

山が好きな僕としては、今後とも、学校登山という伝統行事は是非とも続けていって貰いたいと思うが、しかしそれと同時に学校登山がきっかけで山を嫌いになってしまう生徒がいるという現実からも決して目をそらしてはならないと思う。
中学生は言わば最も多感な時期。
自然に感動する感受性豊かな年齢であると共に、強制される事に反発を覚える難しい年齢でもある。
誰もが皆、必ずしも山頂からの雄大な景色に感動するわけではない。
厳しい山登りを強制させられる事、辛い想いをする事に不快感を覚える生徒がいることも肝に銘じて置かねばなるまい。
学校行事である以上、この命題は永遠についてまわる事だろう。

僕個人としては、敢えて山を好きになってくれとは言わない。
ただ、学校登山を通じ、1人でも多くの学生が山と大自然に囲まれた長野県に住んでいる事を誇りに思ってくれる事を切に願う。


↓ いつも応援ありがとうございます!その一票が励みになります!応援のポチよろしくお願いします(-´▽`-)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

by misawa_re7 | 2011-05-29 23:48 | その他 | Comments(19)
Commented by ヤマふぉと at 2011-05-30 01:48 x
学校関係者って、いがいとアウトドアについてはいいかげんですね。
僕は社会人入試で2度目の大学生をやった経験がありますが、
大雨警報の中で測量実習を行ったことで、学生の安全管理意識が
欠如しているとクレームをつけたら、かなり嫌な顔をされました。

登山のような自然と親しむためのイベントは、学生時代に経験する
ことはいいことだと思いますが、頭を下げればすむ話ではないこと
もありえますから、危機管理に最新の注意を払って実施して
もらいたいですね。
Commented by はぐれ雲 at 2011-05-30 03:21 x
学校登山に参加した生徒の思いは良く分かりました・・・
当時、引率した先生の思いも聞いてみたくなりました
misawaさんの世代なら、まだまだ先生方もご健在のはずですもんね
面白い・・・いや苦労話が聞けるカモですよ。
Commented by 矢車草 at 2011-05-30 09:59 x
みさわさん こんにちは~♪

学校登山・・・東京でもありましたよん
私は住んでいた場所柄 奥武蔵の山々に行きました そう、高尾は行かなかったの
3年生から毎年ちょっとずつレベルアップして 6年生の時は移動教室で
軽井沢のどこかの山へ・・・どこを歩いたのか知りたいけど資料無し
あのころは山登りって大嫌いで びりっけつを歩いた記憶・・・
最終地点の神津牧場で食べたソフトクリームが美味しかったことだけはよく
覚えてるんだけど・・・
今 写真を見ると遠足登山 私はスカートで行ってますし^_^; 山ガール?
考えたら危険もいっぱいだったんだろうなぁって思うけど・・・
それでも何かあったらってことで無くなる行事いっぱいあるんだろうけど
無くなって欲しくない行事多いよね♪

中学校で御嶽山かぁ 羨ましいけなぁ(#^.^#)
Commented by たかはし at 2011-05-30 12:05 x
みさわさん、

はじめて訪問させて頂きます!

登山を2002年から始めるまで、ず~~~と山に登るのが大嫌いでした。
私も長野県の出身です、あの恐怖の学校登山(八ヶ岳だったと記憶しています)がトラウマとなっていましたから。
学校登山それは、今、夫婦で楽しんでいる山登りとは違い、特訓みたいでした、好きな時にお水も飲めず、休みも取れず、ただひたすら下を向いて登っていたのを記憶しております。頂上で見た景色なんて、全然覚えていません。
事実、小学校・中学校・高校時代の友人達で、登山をしている方は私の知る限りでは誰もいません。皆に、“どこがよくて、山に登るの??”と何回も質問されます。
学校登山で、山を嫌いになる長野県民は結構多いんですよね、甥っ子2人も嫌いになってしまいました。
残念なことですね。
今は、少しは改善されて、山を好きになる長野県民が多くなることを東京から祈っております。
Commented by しょもも at 2011-05-30 14:56 x
やっぱりねぇ。
そりゃあ大半が山を嫌いになるでしょうね。
130人に対して10人未満ってありえないです。
我が子2人連れてくだけでも大変なのに・・
先生も気の毒ですね、決して本人は乗り気でない人ばかりだろうに。
去年ツバクロで出会った集団の最後尾にいた先生に5分ほど愚痴を聞かされましたもん。

でも初めて標高2000mを超えたのが33歳のオトコからしたらやっぱり羨ましい経験ですよ。
このブログを見ている大半の人がそう思うのでは?
Commented by KOBAchan at 2011-05-30 21:19 x
みさわさん、こんばんわ。

なるほど、確かに御嶽山は天候が悪ければ素人集団では
根性論になり危険極まりない状態になりそうですね。

名古屋の遠足は里山程度で、疲れながらも楽しい記憶ですし、
高校時代に馬籠妻籠を歩いたのが一番長い距離ですが高低差が
あまり無くしかも好きなグループでそれぞれマイペースで歩け
たのでいい思い出になってます(道中の記憶は五平餅を食べた
というぐらいですが)。
 結果、先生がド素人でも問題ありませんでした。

3年前に初めて家族で登山(しかも御嶽)したときは、全員
キツイと思いながら、娘は楽しかったと言い、嫁と息子はもう
いやだと言ってました。 しかしその後息子はやっぱりもう
一度登りたいと言いまして、昨年、私と子供二人で富士登山を
しまして、今年も行きます。

やはり、達成感のようなものを味わえたのが次につながった
ような気がします。 準備が大事でしょうね。

学校登山もガイドさんのアドバイスを登山の一ヶ月前ぐらいから
学校の授業で行いしっかり楽しさ、厳しさを知った上で気持ちの
準備をして臨んだらまた変わってくるのではと感じました。
Commented by misawa_re7 at 2011-05-30 23:33
>ヤマふぉとさん

今は時代の風潮からか、安全安全と叫ばれていますが…
それこそこの時代なんて精神論がまかり通っていた時代ですから。
親も今ほど安全だ危険だと言いませんでしたしね。

学校でやる運動会やらとはちょっと違いますしね。
それらは雨が降れば中止にできますが、山は一度入っちゃうと即中止というわけにはいきませんし。
だからこそ今の先生方はガイド雇ったり、安全には特に気を使っているんでしょうねぇ…
大変ですね(;´Д`)
Commented by misawa_re7 at 2011-05-30 23:37
>はぐれ雲さん

おそらく先生方からしても嫌な行事だったでしょうね…
山なんて登り慣れてないでしょうし、責任は重大だし。
当日はもちろんの事、準備やら何やら、かなり大変だったと思いますよ…。
もちろん楽しい思い出になった生徒もいるでしょうが、嫌々登る生徒もいたでしょうから、何かそう考えると報われませんよね…
Commented by misawa_re7 at 2011-05-30 23:41
>矢車草さん

首都圏でも学校登山あるんですね(-´▽`-)
しかしまぁ3000mクラスの山に登らされるのは長野県くらいのもんでしょうきっとww
軽井沢ってとどの山だったんでしょうねぇ?
僕も高校のときに登った山の幾つかを思い出せないのですが…山を始めた今だと無性に当時登った山って気になりませんか??

うちの嫁も登山なんて大嫌いだったクチですよw
多分グッダグダでスローペースで歩いていたはずですσ(´∀`;)
しかしそれが今や雪山にまで登ってんだからおかしな話ですよね…お互いw

当時って今ほど安全だ危険だと保護者が騒がなかったじゃないですか。時代ってのもあると思いますよ。
こんなご時世だとなかなかこういう行事続けるのは大変だと思いますが、やっぱりできれば続けてやってほしいですよね♪
御嶽山は今でも好きな山です(-´▽`-)
Commented by misawa_re7 at 2011-05-30 23:46
>たかはしさん

初めまして!コメントどうもありがとうございます(-´▽`-)

そう!そうなんですよ、まさしく僕が言いたかった事はそういうことなんです。
他人のペースで、水も休憩のときにしか飲めなかったし
そもそも行動食って概念もなく、金額制限のかかったおやつだけでしたよね。
よっぽど自然に興味がある奴か、運動部で体力のある奴以外は絶対に嫌いな行事の一つだったはずです。
僕の同級生や先輩後輩、いくら見渡しても山に興味のある奴ほとんどいませんよ。
それこそ 『何で山なんて登るの?馬鹿なの?』 くらいの反応です。
若いうちから名峰に触れる事ができる反面、それが元で山が嫌いになっちゃう人が多いのが長野県の現状ですよね…

でも大人になって、心にゆとりができて、『あぁ、そういえば登ったなぁ…懐かしいな』 と少しでも興味持つ人がいてくれれば、学校登山続けた甲斐もあるのかなぁ?と思います。
あの年頃の少年少女って難しいですよねσ(´∀`;)
Commented by misawa_re7 at 2011-05-30 23:51
>しょももさん

言ってみれば学校行事の 『マラソン大会』 みたいなもんですからね。
大半の生徒はありがた迷惑っていう感じで登っていましたよ。
そもそも山の素人が10人やら15人引率するって無茶ですよね…
僕でも断りますって(;´Д`)
そりゃ先生方だって愚痴のひとつやふたつこぼしたくもなるでしょうよww

でも実際登った奴らの半数以上が 『無くてもいい学校行事』 って認識だったと思います、今でもw
でもなかなかできる経験じゃないですからね、僕個人としては恵まれていたなと思ってますよ(。・_・。)
Commented by misawa_re7 at 2011-05-30 23:58
>KOBAchanさん

こんばんわ!(-´▽`-)

荒れたらかなり厳しいですよね、てか傘は本当にありえない話ですww

森林限界下であれば、あるていど荒れようが問題ないんですよね。
無論天候は安定しているに越した事はないんでしょうけどw
でもやっぱり森林限界を抜けたあの爽快感は高山ならではですよね!
しかし、その感動をほとんどの生徒が感じつつも、辛さや苦しさの思い出のほうが先行してしまうのが悲しい現実です…

初が御嶽山だったんですね!あそこは良い山です(。・_・。)
僕が思うに、やはり天候に恵まれ、景色もよく、かつ自分に無理のないペースで頂を踏めれば、よほど体を動かす事が嫌いな子供でない限りは絶対に感動するはずなんです。
ですが学校登山はそれらの条件を全てそろえるのが難しい。
そこが集団で山に登るという行為の最大にして決して逃れる事のできない欠点ですよね。

実は事前に山の予習もちょろっとしますし、準備登山という名目で、近所の山でボッカ訓練するんですよw
それがあるから皆余計に嫌な行事に思えてしまうんでしょうね…
僕も本番の御嶽山よりも準備登山のほうが嫌でしたからσ(´∀`;)
Commented by rommy at 2011-06-01 22:19 x
みさわさん、こんばんは。
なんだか自分の学校登山を思い出し、懐かしくなるような写真の数々。。
そうそう、こんな感じでジャージに運動靴で登ってました!!
本当にきつかったけど、あの時見た景色はまぶたの裏に残っています。
私の友人は学校登山で山が大嫌いになり、
でも大人になってから私があまりにも「山、山」というのでそんなに良い物なのか?
と、もう一度私と一緒に登ってくれました。
そしたらハマリましたよ(^^)

学校側も今はモンスターペアレントもいたりして、
結構大変だったりします(^^;

でも学校の中では学ぶことのできないことを学ぶことができる良い行事ですよね。
なくならないで長野の伝統として続いていけばいいなぁと思います。
Commented by くっきー at 2011-06-01 22:47 x
こんばんは♪
いいなぁ、中学生で御嶽山♪
でも運動音痴な中学生の頃のワタシなら、うらやましくないかも(笑)
団体行事で登らされている状態では、引率者も生徒も楽しく感じるのは
難しそうですね。
そういえば去年の夏に南アルプスで会った
東京の高校山岳部の男の子たちは、みんなすごくしっかりした装備で
ウチの隊長が憧れてるザックや靴で登っていて、
いまどきの子どもはすごいなぁと思ってしまいました。
Commented by misawa_re7 at 2011-06-02 21:22
>rommyさん

こんばんわ!(-´▽`-)
これはもうまさしく学校登山!って感じの写真ですよねww
ひどい奴はペラッペラの上履きみたいな靴で登ってましたからね…
ちょっと考えられないですσ(´∀`;)
いいタイミングで登れると感動するんですけど…でもやっぱりトラウマな人のほうが多いですよね…
僕の同級生の、ブログにたまに出てくるタイ氏も一緒に登ったらはまりましたから、この歳になってようやく山のよさがわかるのかもしれませんね。

今は…時代でしょうかね…嘆かわしい事ですが。
なかなか大人になってまた山に登ろうっていう県民あんまいないと思うんですけど
やっぱ何事も経験ですもんね。続けて欲しいと僕も思います(*´∀`*)
Commented by misawa_re7 at 2011-06-02 21:26
>くっきーさん

こんばんわ!(-´▽`-)
僕個人としては御嶽登山すごく楽しかったんですけど、うちの嫁もそうですが、やはり辛かった思い出のほうが強い同級生は多いですね…
まぁ中学校で皆でぞろぞろ登るのは確かにキツイとは思います(;´Д`)

学生も高校になるといきなり本格的になりますよねww
中学は装備なんてあってないようなもんですが、高校になるとやっぱり結構本気でやってる奴ら多いですからね(。・_・。)
僕もあの当時25kg近く背負って登りました。楽しかったけどきつかったです…
ちなみに僕の部は道具はとても貧相でしたよwww
Commented by 夢追人 at 2011-06-30 16:33 x
はじめまして。
大変読み応えのある記事に感激致しました。
一概に学校登山と言っても、様々な問題点が見えてくるようですね。
確かに大雨の中無理して登って、又いつか山に登りたいと思う方が珍しいでしょうね。
僕が子供の時は学校登山はありませんでしたが、今では子供が乗鞍山系の丸黒山に5年生で学校登山しています。
焼岳(中尾から)や双六岳、御岳(飛騨頂上)に登る学校も近くにあるようです。
どうせ子供達に数少ない経験をさせるのなら、日程を何度も変更してでも、晴天時に登らせてやりたいです。
そして山頂からの眺望を見て、地元がどれだけ凄いかを感じてくれたらと思います。
Commented by misawa_re7 at 2011-06-30 23:40
>夢追人さん

初めまして!コメントどうもありがとうございます(-´▽`-)

学校登山は非常に問題の多い行事ですからね…
教師からすれば問題山積みでできるならば避けたい行事ではないかと思います。
最近はやはり乗鞍や同じ木曽駒でもロープウェー使用するなど、行程の短縮や簡素化は進んでいるようです。
もちろん行程が短ければタイミングを見計らって好天を突けるのは道理ですが…
仮に天候がよくても1時間や2時間歩いただけの山頂の景色って果たして感動できるのかな?という疑問も沸きます。
まぁ苦しい想いをしてトラウマを抱えるよりは、簡単でもきれいな景色を拝めたほうが心に残るのかもしれませんけどね。
しかしやはり長野県に住んでいる以上、はやり大自然に触れて育って欲しいですね(-´▽`-)
Commented by とも at 2012-03-01 19:45 x
はじめまして
富山県でも小学校高学年で、立山(雄山)に登ります。
一か月以上前から登山靴で通学しています。
登頂した子供たちはつらく苦しかった分だけ感動があるようです。
行事にはドクターも随行させています。
たしかに、以前立山登山で子供の滑落死亡事故がありました。
危険はつきものですが、地元の大自然をいつまでも忘れずに育ってほしいものです。


<< 【山行記録】 中央アルプス前衛... 【山行記録】 GW後半 涸沢カ... >>