【山行記録】 GW後半 涸沢メモリー 〔2011.05.08〕
2011年5月8日 涸沢。そこにはただ、穏やかな時間が流れていた。
三脚を立て、カメラを構え、その時間と空間を一枚の写真に切り取る。思い出と共に、一枚一枚大切に。
f0222003_15521966.jpg




午後の昼下がりの涸沢ヒュッテ。
朝から穂高の峰々を重く覆いつくしていた雲は、時間と共にその形を変え、やがてその隙間からは太陽が姿を現していた。

上空には未だ強い風が吹き荒れており、空を流れる雲は一刻として同じ形を成していない。
時には幻想的に、しかし時には陳腐に、刻々と変わり続ける涸沢の表情。
僕はただ夢中でシャッターを切り続けていた。


こうして夕暮れ時まで撮影し続けた写真で贈る、涸沢メモリー編。
多くは語らずとも、美しい涸沢と穂高連峰の峰々が何よりも雄弁に語ってくれる事だろう。





f0222003_1814876.jpg
光が支配する時間。
光と影が織り成す、明暗のコントラストが美しい最高の時間帯だ。




f0222003_1838279.jpg





f0222003_1838374.jpg





f0222003_18415186.jpg





f0222003_18424660.jpg








f0222003_18431716.jpg
そして太陽は沈み、やがて夕闇が支配する黄昏時へと移り変わる。


ところで、夕暮れ時とは大別して4つの色で成り立っていることをご存知だろうか?
日がまだ高いうちは 『青』 やがて地平線に近づくにつれて 『黄』 『橙』 そして一般的に夕焼け呼ばれる 『赤』 へと変化していく。
今回の涸沢は、その変化が非常に顕著に現れた。

そんな 『色』 にも是非注目して、続きをご覧いただきたい。




f0222003_1854346.jpg
まだ日が高く、青の支配する世界。
よく見ると、山のシルエットから伸びる光線を肉眼で捉える事ができる。




f0222003_18552170.jpg





f0222003_18562243.jpg





f0222003_18563746.jpg







f0222003_18593399.jpg
時間が経つにつれ、徐々に青から黄の世界へと移り変わっていく。




f0222003_1905479.jpg





f0222003_191694.jpg





f0222003_1912037.jpg








f0222003_1923898.jpg
そして橙の世界へ。

人はかつて夕暮れ時の事を 『逢魔時』 と呼んだ。
逢魔時とは呼んで字の如く、逢う魔が時。妖怪や幽霊など、邪なものに遭遇してしまいそうな時間帯…という意味だ。

夕焼けの空は美しい、しかし時に禍々しくもある。
その美しさに心打たれる反面、人の闇に対する根源的な恐怖が去来する時間でもあるのだろう。




f0222003_1934278.jpg





f0222003_193312.jpg
橙と赤の中間。
このあたりはまさしく分単位で色がじわじわと変わっていく。ちょっと目を離すと微妙に色味が変わっている。
それがまた神秘的でもある。






f0222003_191263.jpg
そして赤の時間へ。




f0222003_19124583.jpg
普段ならばこうも綺麗に染まる事はないだろう涸沢カールが赤く染まっている。

まず空を覆う雲に夕日が差し、赤く染まる。
そしてその赤く染まった雲を介して、雪が赤く染まる。
偶然にも、タイミングよく赤く染まった雲がカールの上空を埋め尽くす事で現れた、おそらく稀有な現象だろう。
普段ならば邪魔にしか感じない雲の存在が、実に美しく空を演出した。



こうして僕らの涸沢1日目は幕を閉じた。
今年は来る事ができないだろうと思っていた涸沢の地を、無事踏む事ができただけでも十分満足だった。
しかし翌日は今回の本命である北穂が待っている。
果たして僕らは無事北穂の頂を踏む事ができたのだろうか??



GW後半 北穂高岳編 2日目につづく



↓ いつも応援ありがとうございます!その一票が励みになります!応援のポチよろしくお願いします(-´▽`-)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

by misawa_re7 | 2011-05-21 19:32 | 山行記録 2011 | Comments(12)
Commented by KOBAchan at 2011-05-21 20:40 x
またしてもブロンズおめでとうございます\(^o^)/ こんなすごい写真が続くとさらに未知の領域に…
Commented by Ryu Climbing St at 2011-05-22 10:34 x
はじめまして! 涸沢検索でお邪魔しました
写真に僕のステラが写っていました(右から2番目) 笑 
僕も上まで行く予定でしたが、涸沢で力尽きました!
夜中は暴風でしたが、翌日はいい天気でしたね! 
次の日は天気の悪化が予想されたので、早々下山してしまいました
もう一幕あったステラのオシャレなカップルが北穂に上っていくのをうらやましくずっと眺めていましたよ!
Commented by misawa_re7 at 2011-05-23 12:49
>KOBAchanさん

どうもありがとうございます(*´∀`*)
しかし多分GWの記事をアップし終われば、いずれ落ち着くと思いますよw
Commented by misawa_re7 at 2011-05-23 12:54
>Ryu Climbing Stさん

初めまして!コメントどうもありがとうございます(*´∀`*)
おぉ!ステラの方でしたか!
アレだけ幕営数の少ない中で、同じ日にテント張った方にお会いできるとは…奇遇ですね(。・_・。)
夜中はなかなか風強かったですねぇ…一晩中バタバタ言ってましたね。
翌日午前中は天気良かったですけど、朝はモルゲンロート染まりませんでしたし、昼頃には雲出てきちゃって少し残念でした…
それ僕らですねww
北穂目指して順調に登っていったのですが…続きはまた続編をご覧下さいσ(´∀`;)
またよろしくお願いします♪
Commented by jackie at 2011-05-23 23:12 x
僕はこんなに荘厳な場所に立っていたんですね。
みさわさんの写真見て気が付きました。
記憶を手繰りながらこの写真達を眺めていると
猛烈にその場に戻りたくなり少し悲しくなりました。
と、同時に、また行くぞ、と希望も出てきましたよ。

後半も楽しみです。

Commented by ようよう at 2011-05-24 09:27 x
うーむ、実に美しい・・・。
そう思うと同時に、自分が行けなかったことが悔やまれますねぇ。

この写真が撮れるほどに天候が落ち着いてよかったですね。
私も、きっといつか涸沢まで行ってみせますよ!
その時は晴れ渡った天候だと嬉しいなぁ。
Commented by 矢車草 at 2011-05-24 13:32 x
みさわさん こんにちは~♪

山の朝と晩が好きで山に泊るような私ですが
美しい眺めを満喫させてもらいました(#^.^#)

実は涸沢ってまだ行ったこと無いの ホントよ(笑)
混んでそうなのでいつも敬遠してますが・・・いつか行かなきゃねェ
こんな空に会いに・・・(^^♪
Commented by jan at 2011-05-24 23:52 x
すごい!!写真が綺麗ですね  
Commented by misawa_re7 at 2011-05-25 22:06
>jackieさん

こんばんわ!コメントありがとうございます(-´▽`-)
荘厳…まさにその言葉がぴったりの場所ですね。
ただそこにいて、美しい雪の穂高を見渡すだけで心が洗われる。
そして何にも代え難い楽しい思い出と、ちょっぴり寂しさを心に残して…
また是非来年も!僕もまたリベンジをせねばならないので必ずや行きたいと思っています(。・_・。)
Commented by misawa_re7 at 2011-05-25 22:09
>ようようさん

本当に美しかったです。
雲と光の演出に惚れ惚れする1日でしたよ(-´▽`-)

今回は本当に残念でしたね…
ようようさんが行くはずだった日も僕らのときと同じように雨から回復傾向にあったタイミングなので、同じような景色を見ることができたでしょうに…
まただいぶ先になってしまいましたが、来年は是非涸沢へ!
そして来シーズンこそは一緒に雪山行きましょうね!(。・_・。)ノ
Commented by misawa_re7 at 2011-05-25 22:12
>矢車草さん

こんばんわ!(-´▽`-)

山泊の醍醐味と言えばやはりこれですよね!
腰をすえて夕日や朝日に専念できる。日帰りでは忙しくて…

え!?涸沢はまだ未踏だったんですか!?
僕も正直混む所は嫌いでしてね…昨年も今年もタイミング外したので人はとても少なく快適だったのですが…
それ故に、トレースも先行者も無いという…逆に足元をすくわれました(;´Д`)
僕は紅葉の涸沢に行ってみたいです!でも…混むんだろうな、特に今年はww
Commented by misawa_re7 at 2011-05-25 22:13
>janさん

こんばんわ!(-´▽`-)
どうもありがとうございます!面白い光と雲が出てくれたので非常に綺麗な写真が撮れました♪
今回は撮影に関しては良かったのですが、結局北穂は登れずじまいでした('A`)


<< 【山行記録】 GW後半 涸沢カ... 【山行記録】 GW後半 涸沢カ... >>