【その他】 単独で杣添尾根から横岳へ しかし撤退
2011年2月16日 (水) 日本列島は移動性高気圧に覆われ、全国的に快晴の予報。
嫁は仕事なので、今回は単独で杣添尾根から横岳を目指す事にしたのだが…
f0222003_12295450.jpg




私事ではあるが、今月ある4回の週末のうち、2回は結婚式の予定が入っている。
1度目は先週、2月12日に義姉 (嫁の姉) の結婚式があり、来週には僕らの同級生の結婚式が予定されている。
それにより、嫁の休みがそちらに割かれている為、今月は山に行ける日数が非常に少ない。
故に、2月の僕らの山行予定はほぼ空白状態であった。

しかし、僕の方はというと、現在年がら年中暇人状態である。
幸か不幸か、その気になれば何時だってフラッと山に行けてしまう状態にあるのだ。
16日は最高の天気予報、この上ない絶好の山日和だったため、ラッセル訓練も兼ねて杣添尾根を単独で登ることに決めた。




前日のうちにパッキングは完了。あとはザックを背負って出るだけの状態まで準備は整えた。
気力も充実していたし、天気予報を確認しても好天を疑うべくもない。
朝は3時に起床。少し早めに就寝していたおかげか、目覚めも悪くなかった。
ほぼ予定通り3時半頃に自宅を出発し、八ヶ岳へ向けて一路高速をひた走っていた…のだが。
何故かはわからないが、高速道路に乗ったあたりから急激にモチベーションが下がり始めた。


ちょっと待て、こんな好条件滅多にあるもんじゃない、今日を逃して一体いつ登るつもりだ??


そう自分に言い聞かせるものの、下がったモチベーションは一向に戻る気配を見せない。
決して行くのが面倒くさくなったわけではない。面倒くさくなってしまったのならば、朝起きた時点で再び寝床に入って終了している。
あーだこーだと思案したものの、結局3つ手前のインターにて高速を降り、帰路に就いたのだった。




出発はしたものの、登山口にすら到達できず撤退。




以前タイ氏と登った蓼科山も、30分で撤退という酷い撤退劇だったが、今回はそれにも増して酷い、過去最低の撤退劇だった。
意味もなくガソリンと、高速代を浪費して無駄なドライブをして帰ってきただけである。

モチベーションは心の問題だ、コントロールできる範囲にも限りはあるし、制御できない時もある。
僕の場合、近年は特に感情の上下が激しいため、周期的に今回のように何の前触れもなく、突然気力が低下してしまう時がある。
一度下がってしまったモチベーションを取り戻すのは容易な作業ではない。少なくとも今回は無理だった。
快晴の八ヶ岳に登れなかったのは残念だったが、こんな精神状態で雪山に登らなかったのは正解だったろう。


おかげさまで、南アルプスが大展望できる最高の快晴の下、のんびり自宅で羽を伸ばしている、ちょっと切ない午後の昼下がりであった。


↓ あまりにも情けない撤退劇に、慰めのポチをww(-´▽`-)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

by misawa_re7 | 2011-02-16 15:26 | その他 | Comments(20)
Commented by ようよう at 2011-02-16 16:45 x
あぁ、事の真相はコレでしたか・・・。
私は流石に外出したらやり切ってしまう方(腰痛発症で撤退はアリ)ですが、
気分が乗らない時は何とも・・・止めておいて正解ではないでしょうか。

しかし3時起床で現地到着せずに撤退というケースは、
なかなか無いものではないでしょうかw
Commented by すけろく at 2011-02-16 18:24 x
こんにちは~。
うんうん。。あります、。上手く説明できないし、自分でもわからないけど。
まさに今の自分がそうですもん。
この3連休、休みでしたが結局山に行け(か)ず。体調&天気もあったのですが無理すれば行けたのに・・・。
最終日はパッキングまでしたのですが。

苦しいとかでもないし、それにも増す達成感があるのに。
う~ん・・・。
やっぱり逃げ場の無い長期縦走とかがいいのかな~w。

今度の休みは行くぞ~っ。
Commented by 酔いどれ係長 at 2011-02-16 18:43 x
僕もそういうことありました~。
ブログには全く書いてないですが
甲武信ヶ岳にテン泊の予定で夜中に家を出発。
登山口にある道の駅で仮眠して朝目覚めるとなんと!
全くもって登る気が無くなっていました。
自分で自分に「せっかくここまで来たのだから」と
言い聞かせても全くテンション上がらず、
そのまま帰宅、ミッドナイト&サンライズドライブでした~。
奥多摩を抜けて帰ったのですが、
大勢のハイカーを横目に見ながら、
「何やってんだろう、俺・・・」な一日でした。
Commented by Mas at 2011-02-16 19:15 x
こんばんは!

こういうのありますね。
出発直前になってやる気が減退して中止にしちゃう。
不安とか眠いとかではなくて、よう分からん理由っすよね。
双葉SAをよく利用するのですが、
気分が乗らない時はETC出口から降りたくなります。
あと、親から電話があるとテンションがた落ちです(笑)
心配かけてるってのもあるのかなぁ。
Commented by くっきー at 2011-02-16 22:22 x
こんばんは♪
こういうときはきっと無理して登るとよくないことが起きるかも?
とくに一人だといったん落ちたモチベーションを立て直すのは
大変そう。
快晴の南アルプスの近くでのんびりだなんて、それも最高のゼイタク!!うらやましいです♪
次回、奥さまとご一緒のときはきっとモチベーションもUPで
楽しい山歩きですね!
Commented by 矢車草 at 2011-02-16 23:27 x
うふふ♪
今日仕事中にこっそり読んで・・・あ、きっとゆっきーちゃんが一緒じゃないからだなって(笑)
でも こういう時ってあるよね 我が家でもなぜか乗り気にならない時あるもの

南アルプス見ながらのんびり昼下がりなんて~やってみたいわ♪
私も相棒一緒に行けない時 一人で行くか~とか思うけど行かない^_^;
一人で歩いたのは高尾~陣馬間だけだもん 山始めた頃で嬉しくてね~
一人で歩くのが!なんか登山者~な気分で・・・でもそれっきり(*^_^*)
また雪降るよ~行ける時に行っとかないといけなくなっちゃうよ~♪なんてね
Commented by のんすけ at 2011-02-17 02:44 x
あります、あります!
私も気分がのらない、行く気がしないときはヤメます。
たとえ、行く道中であったとしても
登山口で準備が済んでいても、歩きはじめていても。

情けなくなんかないです。
多分そのまま進んだらなにか良からぬことが起こったと思います。
「ムシの知らせ」
人にはそういう第六感があると思ってます。
山は逃げません

のんびりも贅沢デス!

って撤退したときの自分への言い訳を言ってみました(^^)

Commented by samantha802 at 2011-02-17 18:53 x
素晴らしい撤退劇w
えぇ気分が乗らないとなにやっても楽しくないですから
それで良いんですよ~
マウンテン・ウォッチ・ドライブ
MWDってところでしょうか・・・

Commented by YUKA at 2011-02-18 22:26 x
人間ですもの、そんな日はありますよね。
もしかしたら、無意識に体が「休みたい」と言っているのかも。
やはり、体力も気力も満ちあふれたときに山に登るのがいいのかも!

みさわさんが元気になりますように~。
Commented by misawa_re7 at 2011-02-22 13:51
>ようようさん

返事遅くなって申し訳ありません(´・ω・`)
そうなんです、事の真相はこんな感じでしたwww
僕もどちらかというと多少の体調不良ならば強行する方ですが、この日は駄目だったなぁ…

少なくとも僕も経験上初めてのケースでしたね(;´Д`)
今思えば時間勿体無かったんですけど、まぁたまにはそんな時間の無駄遣いもいいかなww
Commented by misawa_re7 at 2011-02-22 13:57
>すけろくさん

返事遅くなって申し訳ありません(´・ω・`)
そうなんですよね、理屈では全く説明がつかないんですけど…
そういえばすけろくさんも失速中でしたね。
時間はあるのにモチベーションがついていかない。
全くもって残念なのですが、心の問題なのでこればっかりはなかなか思うようにはいきませんね…

長期縦走いいですねぇ(-´▽`-)
今ならばいくらでも長期間山に入れるんですけど…なかなか足が向きませんww
まぁそれでも、3月に入ったら山行く予定です♪
Commented by misawa_re7 at 2011-02-22 13:59
>酔いどれ係長さん

返事遅くなって申し訳ありません(´・ω・`)
やはり皆さん少なからず経験があるようですね。
そうなんですよね。
最初は登る気マンマンだったのに、別にこれといったきっかけもなく突然気力が無くなるというか…
山に興味なくなっちゃったのかな、と心配になるほどにww
そういう時はどう頑張っても気力取り戻すのは難しいですよね。
僕も今回は無理でした…
帰ってきて何も考えずに寝ましたけど、ホントなにやってんだろうの1日でした(;´Д`)
Commented by misawa_re7 at 2011-02-22 14:01
>Masさん

返事遅くなって申し訳ありません(´・ω・`)
やはり皆さん一度は経験しているんですねぇ…
そうなんですよ、不安から中止にするんでもなく、眠いんだったらそもそも出発前に終了してますし…
心配かけてる、ってのは大いにあるのかもしれません。
僕も単独で行く時は嫁に心配かけて出てるので、それも要因のひとつかもしれませんね…。
以前職場から電話かかってきて一気にやる気なくなってからは、山では携帯の電源は落としてます。
つっても今職場から電話はかかってきませんがwww
Commented by misawa_re7 at 2011-02-22 14:04
>くっきーさん

返事遅くなって申し訳ありません(´・ω・`)
そうかもしれませんね、こんな時は登ったら良くないことが起こるときなんだろうと思って割り切ってます。
以前縦走中にどうしても朝出発できなかった日がありましたが、その時は早朝の暗闇があまりに不吉だったもので。
今回はそんな感じではなかったのですけどねσ(´∀`;)
南アルプスは自宅からほとんど全部見えるという好立地なのですww
だから山登った時にあまり南アルプス見えても感動できないという弊害もあるのですが…
Commented by misawa_re7 at 2011-02-22 14:07
>矢車草さん

返事遅くなって申し訳ありません(´・ω・`)
いやぁ、嫁がいないから駄目なんかなぁ?とも考えましたが…単独でもそれなりに楽しんでいる時もなくはないので…
それに出発した時にはモチベーション高かったんですよ。
要因としてはあるのかもしれませんが、今回はホント意味不明のテンションダウンでした('A`)

僕も基本的にはやはり単独では出ないですね。
僕個人が楽しむよりも、嫁に心配かける事の方が苦痛なのかも。
多分無雪期ならそれほど気にする事でもないんでしょうけど、やはり厳冬期の山ですから何かあっては困りますからねσ(´∀`;)
でも快晴の昼下がりに自宅にいるのは本当に苦痛です…
行きたいけど行こうとするとモチベーション下がる…このジレンマどうにかして欲しいwww
Commented by misawa_re7 at 2011-02-22 14:10
>のんすけさん

返事遅くなって申し訳ありません(´・ω・`)
やはり皆さん一度はこういう経験あるんですねww
多分歩き始めてしまえば普通に歩けたんでしょうけど、今回は登山口にすら立てませんでした('A`)

確かに、人間の危険察知能力だったのかもしれませんね。
以前縦走のときも似たような事がありましたが、なんにしてもこんな精神状態ではいずれにしてもあまり良い事態を招きそうにはないですもんね…
最高の天気で残念でしたが、またいつでも登れますからね!
またチャレンジします♪
Commented by misawa_re7 at 2011-02-22 14:13
>さまんたさん

返事遅くなって申し訳ありません(´・ω・`)
最低の撤退劇でした、ネタとしては良好でしたけどもww

気乗りしない状態では何やってても楽しくないですからね。
やっぱり気力も体力も充実した状態で山に登るに限りますね(。・_・。)
下手にMWDよりも、MWB(マウンテン・ウォッチ・ベランダ)の方が景色がいいという我が家ですww
また近くの低山にでも登ってこようかなぁ…
Commented by misawa_re7 at 2011-02-22 14:15
>YUKAさん

返事遅くなって申し訳ありません(´・ω・`)
滅多にこんなことはないんですけどね、てか登山口に到達する前に撤退なんて初ですがww
体力は満ち溢れているのですが、いかんせん心の方がズタボロのようですね…
確かに休めって言っているのかも。

ご心配いただきありがとうございます(。・_・。)
焦らずゆっくりのんびりしますね。
Commented by KiKi at 2011-03-07 22:37 x
忘れもしない2月24日。
ソロで赤岳に行く決心をして、重い荷物を転がしながら電車を乗り継ぎ
新宿駅から高速バスに乗って長野へ。
その晩、わたしは40℃の高熱を出し
次の日夫の運転する車で千葉まで強制送還されて来ました。
みさわさんも、twitterで様子をご覧になっていましたね。
わたしはメンタル的なことでが体に出やすく
熱を出したり、モチベーションががっくり落ちてしまったり。
今回もフォロワーさんには「インフルエンザかも」と言われ
わたしも関節痛といい、高熱といい、絶対「インフル確定!」
と思って帰還しましたが
肺炎でした。(呼吸器はもともと弱いのですが)
何故、肺炎になったのかは不明です。

不思議なものですね…
今はあのまま赤岳に行かなくて良かったと思っています。

やはり、良い山は、最高のコンディションでのぞみたいですものね(^^)/
Commented by misawa_re7 at 2011-03-09 09:48
>KiKiさん

僕は精神面やられてますので、こういうメンタルな部分はより顕著なんですよね。
僕の場合身体には影響がでないのですが。
しかしあの時は大変でしたね…
でもあのまま登っていたらもしかしたら何かしら良からぬ事が起きたのかもしれません。
身体がそれを察して止めてくれたのかも。
僕もこの時はなんとなくそんな見えざる力のようなものを感じました。
まぁほとんどの場合は気のせいなんでしょうけどねwww

そうですね、山は心身ともに健全な状態で登るに限ります(-´▽`-)
また心も身体も健康な状態で楽しく登ることができたらいいですね!


<< 【山行記録】 初の冬期中央アル... 【考 察】 膝痛の治療法を検証... >>