【考 察】 冬期用グローブ考察
昨シーズン、僕らが冬期用として購入して使っていたモンベルシステム3グローブ。
外気温-10℃程度の条件下では使用上さほど問題を感じていなかったのだが…(嫁の使っていたモデルは論外)
それを踏まえた上で、僕が今シーズン悩みに悩んだグローブシステムについて、順を追って検証していく事にしよう。
f0222003_2212696.jpg




昨シーズン、僕らは冬期用グローブを買った。
モンベルのシステム3グローブという製品だったのだが、それに関しては過去のブログで触れているのでそちらを参照のこと。
結果として嫁が使っていた昨年のモデルは機能上問題があり、僕が使っていた一昨年のモデルは機能上不満はなかったものの細かい問題点がいくつかあり、今シーズン雪山に入るにあたり、どうしてもグローブは新調する必要があったのだった。

そのため、グローブを購入するにあたり、僕はグローブとはどういうものかということを一度考えてみる事にした。
単純にグローブと一言で言っても、グローブに求められる性能は多岐にわたるのだが、大きく分けると


防水性

透湿性

保温性(蓄熱)

断熱性

操作性


上記の5つに分類される。
まず人体から発する熱を保温層が蓄え、その熱が外へ逃げないように、あるいは外からの寒気を遮断するための断熱層が存在する。
また、外部より水分が直接人体に触れないためには防水性も必要だし、その反対に人体から発せられる蒸気による濡れを防ぐためには、湿気を効率的に外へ放出する必要もある。
そして何より手を覆う道具である以上、手の操作性を妨げない性能も極めて重要になってくる。

つまり上記の5つの条件を完璧に満たすグローブこそ、この世で最高のグローブという事になるのだが。
はっきり言おう。


そんなグローブはこの世にはない。


というかそんなものがあったらわざわざこんな事で悩む必要もないのだ。
例えば断熱性や防水性を高くしようと思えば思うほど、透湿性がどうしても犠牲になる。
また保温性を高くしようとすればするほどグローブは厚みを増し、操作性はどんどん犠牲になっていく。
グローブに限った話ではないが、クロージングは常に二律背反との戦いであり、その全ての条件を満たす神がかった素材は、残念ながらまだ世に存在しないというのが現状だ。そもそも単体で全ての条件を満たそうとする事に無理があるのだ。


そこで人は考える。


では各々の役目に特化したグローブを重ねたらいいではないか


そう、グローブのレイヤリングである。
一般的にグローブというと、それ単独のものを示す単語として捉えがちである。
もちろん通常下界において、グローブとは単独で使用するものであり、よほどの悪条件でない限り重ねて使うなどということはない。
だが、山、特に雪山のような過酷な条件下においては、全ての性能が高次元に両立されなくてはならない。
単体でそれが実現できない以上、複数のグローブをレイヤリングし、ひとつのシステムとして総合的に考える必要がある。
それが今シーズンの厳冬期の雪山を視野に入れた僕の結論だった。

それではまず、昨シーズン使っていた僕のグローブであるモンベルのシステム3グローブを例に、グローブのレイヤリングと、何故買い替えに至ったのか問題点を考察してみる事にする。


f0222003_226742.jpg
モンベルのシステム3グローブは写真のようにアウター、インサート、ライナーと呼ばれる3つのパーツに別れており、アウターがいわゆる最も外側のガワになり、インサートはゴアテックス、ライナーはクリマプラスのフリースグローブになっている。
この呼称、とくにインサートとライナーの2つの呼称ははモンベル独自の呼び名である。
通常グローブのレイヤリングを示す上で、一般的には内側で直接肌に触れるグローブはインナーグローブ、外側のグローブはアウターグローブと呼ばれることが多い。
紛らわしいので、今後後者の呼称に統一してブログを進めさせていただくとする。

今現在販売されているシステムグローブを大別すると、全てが一体となった1レイヤーと、防水、断熱、透湿を司るアウター、保温を司るインナーの2つのパーツからなる2レイヤーの2つに分けられる。
そういう意味ではモンベルのように3レイヤーから成るグローブは非常に特殊である。(今年のモデルは2レイヤーになった)
まぁそれとは別に完全にアウターの機能のみに特化したオーバーグローブやミトン、内側にはめるインナーグローブは各社から多種多様な素材で発売されているが、それらはシステムグローブではないのでとりあえずおいておくとする。


僕が考える1レイヤー、2レイヤーの長所、短所は以下の通り。


1レイヤーの長所は、一体型による操作性の高さにある。
各レイヤー間のズレが生じないため比較的フィット感が高く、操作性と保温性を適度に両立させているのが特徴だ。
対して、短所としてはグローブの内側が汗で濡れてしまった時に致命的に乾きづらい事にある。
日帰り登山ならばさほど問題にはならないが、長期間入山する場合グローブの濡れを処理できないのは致命的である。

2レイヤーの長所はまさしく1レイヤーとは対極。
インナーを取り外せるため、万が一汗で濡れた場合でも比較的容易に乾かせる事が出来る点にあるだろう。
しかしながらモノによって差はあるが、どうしてもアウターとインナーとの間に微妙なズレが生じる場合があり、1レイヤーと比べるとフィット感が低いのが短所といえる。
酷い場合、インナーが汗で濡れるとグローブを外す際に手に引っ付いて出てきてしまい、再度はめる時に指が収まらない事がある。
僕がモンベルのシステム3グローブを買い換えるに至った理由はズバリそれが原因である。


双方の長所と短所を比較すると、短期の入山、あるいは細かい操作や手の感覚が重要になる登礫などがメインの場合は1レイヤー。
長期で入山する場合は2レイヤーの方が適していると僕は考える。




だがしかし、厳冬期で使用するにあたり、僕は1レイヤーにも2レイヤーにも、ある致命的な欠点を感じていたのだ。

例えば風吹き荒ぶ極寒の稜線で靴紐がほどけてしまったら?あなたならどうする??
もちろん言うまでもないことだが結びなおさなくてはならないだろう。
だが1レイヤーだろうが2レイヤーだろうが、厳冬期対応のグローブで靴紐を結ぶことが出来るだろうか??
他にもカメラの設定を弄ったり、あるいは行動食を食べたり。
そういった細かい作業をするためにはどうしてもグローブを外さなくてはならない…、そう、つまり僕の感じる欠点、それは


細かい作業をする際には素手にならなくてはならないという事


いかに1レイヤーグローブにフィット感があるとはいえ、細かい作業を出来るほどの操作性を求めるのは難しい。
そもそもそこまで操作性を高めてしまったら薄手になり、今度は保温性が犠牲となる。
インナーグローブを内蔵する2レイヤーとて、基本的にはインナーはグローブ側に帰属するものである。
外せばグローブ側に付いて行ってしまい、手元には残ってくれない。

ではシステムグローブの内側にさらにインナーグローブを別途装着すれば素手が寒風に晒されることはないのではないか?
そう考えるのは至極当然であり、僕もまずそう考えた。
だがしかし、雪が付着した靴を触ったり、あるいは吹雪の中インナーになった場合、当然インナーグローブにも雪が付着する。
当然雪は体温で溶けてインナーグローブに染み込み、必然的にインナーグローブは濡れてしまうだろう。
最も肌に近い部分であるインナーグローブを濡らしてしまうのはあまりに危険と言わざるを得ない。


これら全てを総合して、今シーズンのグローブシステムを構築するにあたり、僕が自分に課した必須項目は。



-20℃以下の稜線の風にも耐える事が出来る事


靴紐を縛ることの出来るくらいの操作性を有する事


行動中素手になる状況を作らない事


インナーが雪等、外部からの濡れに晒されない事


万が一インナーが濡れても容易に乾燥させられる事



上記5つの条件をクリアするグローブシステム、それが最終目標だった。

しかし、全ての項目を1つのグローブでクリアすることは事実上不可能。故にシステム全体で5つの項目を達成するシステムの構築。
それを念頭において、今シーズンのグローブ選びは始まったのである。
長く、そして終わりの見えないグローブ選びの旅…
長くなるのでここで一旦切り、次回からグローブシステム構築編として順次綴っていくとしよう。


グローブシステム構築 前編に続く


↓ いや、今更そんなこと言われなくてもわかってるよって内容ばかりでしたが…続編に期待のポチを!(-´▽`-)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

by misawa_re7 | 2011-01-19 22:01 | 考 察 | Comments(16)
Commented by 矢車草 at 2011-01-19 22:42 x
私も今年冬用のグローブを買い換えたの・・・去年買ったのはノース!高かった!
私的には長い腕回りが邪魔で仕方なかったというのが買い換えた理由の一つ
で今年買ったのはラフマのもの・・・腕回りが短いってことで^^;
暮れの天狗の時は山頂アタックの時だけラフマであとはずっとフリースの薄いので十分で

そうそう天狗に登る時アイゼンがちゃんとついてなくてもう一度着けたんだけど
さすがに分厚い手袋では出来なかったし みんなと待たせてたので素手でした
それでこれではまずいなぁ~と思った次第で 先日また買ってみたの
フリースの代わりのだけど 今度試します フォックスファイアーのものです
このメーカーもともとカメラ屋さんなので細かい作業とかに向いてるらしいの
でもね・・・こうやって山道具ってホントに使ってみないと分からないので困るよね
安いものじゃないしね 失敗数えたら切が無いけど・・・

続きも楽しみに待ってます 色々考えさせられるわ(^_-)-☆
Commented by misawa_re7 at 2011-01-19 23:38
>矢車草さん

あ、こんな独り言みたいなブログにコメント頂きありがとうございますσ(´∀`;)

そう、実はグローブは晴天に限って言えばそれこそフリースでも何でも、ピッケルへの熱伝導を遮断できる程度のグローブなら何でもいいんですよね…
稜線に出たらその上からオーバーグローブでオッケーなんですよ。
ですから実はモンベルのでも実用上はそんなには問題なかったんです。

ですが、やっぱり素手になるのは絶対にまずい、それは前のシーズンからずっと思っていたことで、昨シーズンは最低でも-15℃程度、しかも森林限界内でしたから問題視しませんでしたが、さすがに今シーズン行く山域ではヤバイと思ったんです。
かといってシステムグローブやオーバーグローブでは細かい作業は難しいし、そこで手間取って停滞するほうがかえって危ない状況もある。
それが今回のグローブ考察の原点でした。

そうなんですよ、使わなければわからない…
そのために寒波の中テント担いで飛び出していったわけです(;´∀`)
結果は上々でしたよ♪
参考になるかどうかはわかりませんが、また続編もよろしくです!
Commented by 長次郎 at 2011-01-20 00:02 x
みさわさんこんばんは!

私のはグローブっていうより、あり合わせの「手袋」ですからね~。
ちょっと興味持って読ませてもらいます!

でも結局、カメラのシャッター操作は素手になってます。。
Commented by bphiro at 2011-01-20 01:09
misawaさん>お久ですね(^。^)
久しぶりにゆつくり読ませてもらってます。
厳冬期のグローブ・・・・面白いレポですね!

僕の経験値からのコメントなので参考程度にして見て下さい。

僕も、厳冬期用グローブについては結構な数を現場で試しましたよ!
その結果、僕が思う厳冬期用グローブで一番信頼出来るのは今となっては少し古いスタイルかもしれないけどやはりシンプルに未脱脂ウールの手袋に3本指のオーバーミトンかな(^_-)

昔はハンガロテックスのを長く使ってたけど、今は売ってないので、現在入手可能な商品で僕のお勧めは、FELLASのマウンテン辺り。

misawaさんが挙げてる項目はほぼ網羅出来るんじゃないかな!!

未脱脂ウールは多少濡れていても保温性は確保されるので、下手なレイヤーグローブとは比較にならない位に暖かいよ(^^)v
オーバーはミトンでも人差し指と親指は独立して動く3本なので、靴紐位は結んだり出来る!
勿論、ピッケルも普通に握れるし岩等を掴む事も可能!

Commented by misawa_re7 at 2011-01-20 01:24
>長次郎さん

こんばんわ!(-´▽`-)
そういえば長次郎さんは冬期の手袋どんなでしたっけ?
一応カメラの操作不自由しないくらいの操作性と保温性を確保したシステムになりました!
もし良かったら続編参考にしてください。
Commented by bphiro at 2011-01-20 01:26
↑の続き
防水性に関しては、実際厳冬期の入山で完全防水を必要とする場面は深雪の中を長時間ラッセルしないといけないような状況なら浸水の心配もあるけど、一般的にはあまり無いと僕は思うな!

なので求めるのは一に保温性、二に最低限の操作性だと思う。
透湿性はインナーが多少寝れても保温性が確保されれば良いし、断熱性はそれに準じるのであまり必要項目じゃないかな!

操作性も厳しい厳冬期の森林限界上の稜線なんかで、細かい作業をする事自体が危険だから優先すべきポイントじゃないよね!
ウール手袋でもカメラのシャッター位は十分操作出来るし、保温性を最高に求めないといけない状況では、凍傷を防ぐ意味もあり素手になる事はまずしないでしょ!



Commented by misawa_re7 at 2011-01-20 01:30
>hiroさん

お久しぶりです!(-´▽`-)

って!!!
ちょ、ちょっと待ってくださいwwww
続編行く前に、グローブシステムいきなりピンポイントで当ててくるとかどんだけエスパーなんですか(;´Д`)
いや、まさにそれ、それなんですよ…
それが結論っていうかお願いしますから商品名までピンポイントで当てないで下さいwww
HELLASですよね?マウンテン、8000円もするクソ高いウールグローブ。
いやぁ、もう洒落になんないくらい暖かいですよ。
ていうかやはり概ね同じ結論に達するようになっているんですね…装備品って。
hiroさんとは道具選びとか価値観とか比較的似てるなぁとは思ってましたが、ここまで的確に当てられると脱帽ですww

実はそれに独自のインナーシステムを加えてグローブシステムを完成としました。
それに関しては続編でまた触れますね(。・_・。)
また多分くそったれに長いブログになりますが、時間のあるときに読んでください♪
Commented by misawa_re7 at 2011-01-20 01:34
>hiroさん

そうなんですよ、最初は完全防水のオーバーグローブを使っていたのですが、良く考えたら-20℃を下回るような世界でそもそも防水性はそこまで必要ないんですよね。
結果としてオーバーグローブをやめて、そこにそのまんま保温性を追加するためにウールを足した…というのが続編のブログの主旨なのですが…
あぁぁぁ…書く前からどんどん続編のブログの内容が網羅されていきますwwww

むしろですね、あの厚手を追加することで、ミトンの無駄な空間が埋まって、かえって操作性が向上するんですよね。
って、また先に書いちゃったww
Commented by bphiro at 2011-01-20 01:41
↑の続き
インナーは厳冬期登山の場合、予備も含め僕は3セットを基本に、トラブル対策として使わなかっても+保温レベル同等のシステムを一つにしてます。
インナーはフリースの中厚手と厚手に未脱脂ウール。
+はミトンのぬくぬくのやつ。

インナーが薄手で大丈夫な気温と風の状況なら、BDでいうキングピン辺りのグローブ一枚でも十分で短時間なら素手になっても大丈夫なはずだから厳冬期の縦走中は薄手のインナーは持っていかない!
テン場の作業等では必要だから、持っては入山するけどね(^^)v

好きな分野だから、ちょっと長くなったけど流行りの製品や新機能として各メーカーが色々出して来るけど、シンプルが一番だと僕は思います!
次のレポ楽しみにしてますね(^^)/~~~
Commented by bphiro at 2011-01-20 01:45
misawaさん>ごめん(-.-)ゴメン(-.-)
このエキサイトblogのコメント書いてる最中に更新見れない時あるから・・・・・・
追い打ちかけちゃった<m(__)m>
ゴメンね(^^ゞ

でも、misawaさんの探究心には感服しますよ!
Commented by misawa_re7 at 2011-01-20 01:49
>hiroさん

僕は予備としてアクリルの薄手インナー+厚手ウール+ミトンをジップロックに入れて別途持ち歩くようにしました。
まぁ全ての手袋が死んだ時のための最後の切り札ですね、これは。

テント設営なんかも基本はインナー+未脱脂+ミトンであらかたやれちゃいますね。
まぁ細引き縛るとかそういう作業はさすがに厳しいですけども。

正直最近多いシステムグローブはイマイチと思います。
ブログ友のすけろくさんを始め、僕の行きつけの登山屋のおばちゃんも、先日赤岳で会った山歴長いおじさんも、色々な方がやはり口を揃えて言いますが、最終的にはウール最高なんですよね…
僕も身をもって体験しました。
ていうかこのコメントのやり取りが即ち続編の大まかな内容なのですがねwww
ですが!続編レポ、楽しみにしててください!(*´∀`*)
Commented by misawa_re7 at 2011-01-20 01:59
>hiroさん

いえいえ、お気になさらず!
むしろ親切に教えていただきどうもありがとうございます(*´∀`*)
てかHELLASのマウンテン、あれ未脱脂だったんですね…僕知らずにフツーに洗濯かましちゃいましたよww
まぁ完全な未脱脂というわけでもなさそうですし、多少洗濯しても平気か…イマイチ手入れの仕方がわかりません。
基本洗わず放っておけばいいもんなんですかね?
Commented by はぐれ雲 at 2011-01-20 07:28 x
これなんか、イイと思います・・・『ARC'TERYX Alpha SV Glove』♪
↑5つの条件をほぼ網羅してるんじゃないカト?・・・(微笑
ただし、小売希望価格が39900円ってのが、どうだかですが!?・・・(汗;
おおむね、評判は良いよう〜ですよ
Commented by misawa_re7 at 2011-01-20 09:15
>はぐれ雲さん

紹介ありがとうございます!
てか約40000円!?高すぎwwww
確かに良さそうなのですが、多分この手のシステムグローブは操作性を相当妥協しないといけませんね…
多分登礫を生業とするような方にはいいのかもしれませんね(-´▽`-)
ていうかもう既にシステム構築しちまったので…また続編お待ちください♪
Commented by ようよう at 2011-01-20 09:39 x
どもども~。
すんごい頻度での更新ですね、すっかり置いていかれてしまいましたw
さてさて、記事をゆっくり読み直していきましょうか・・・。

で、グローブに限らず装備品の検証・お勧めについてですが、
以前はネットでアレコレ調べて自分にとって最善の組み合わせを
模索していたりしましたが、最近はみさわさん&samantha802さんの
記事を参考にすればOK!みたいな気分になってしまってますよw

あぁ、これだと自分の頭で考えなくなってしまう・・・。
Commented by misawa_re7 at 2011-01-20 10:13
>ようようさん

こんにちわ!(-´▽`-)
いや…ホラ…プーさんですから…えぇ(涙
時間だけは腐るほどあると言うか、いや、いつまでもこんなことしててはいけないのですがww
まぁ時間のあるときに今までアップできなかったものを全部アップしてしまおうかということで、怒涛の更新であります!

ようようさんの事ですから僕らの記事を噛み砕いた上で自分のシステムとして導入してくれると思いますから安心していますが。
完全にトレースしますと、『話と違うじゃねぇか…』 ということになりかねませんので、参考程度に考えておいてくださいww
しかし少しでも参考になるのなら、大寒波の中八ヶ岳に突っ込んでいった甲斐があったというものですよw

大丈夫ですよ。
僕らの記事の中でも多分これは自分のコンセプトと違うよな?ってのは必ずありますから。
それはきっと自分で取捨択一するのですから自分で考えてないなんてことはないですよ!


<< 【道 具】 冬期用グローブシス... 【山行記録】 厳冬期用ギア最終... >>