【考 察】 膝痛を検証する 腸脛靱帯炎
先日のブログでは多くの皆さんにご心配頂き、本当にありがとうございます。
ご存知の通り、6月20日の甲斐駒ヶ岳山行の下りにて、何の前触れもなく突如発症した膝痛。
一体何が原因で、どのようなメカニズムで起こったのか…専門家の意見も交えて検証してみたいと思う。
f0222003_22343336.jpg




事の発端は先日の甲斐駒ヶ岳の下り。
当初は気付かなかったのだが、浮石に足を置いてしまい、膝をおかしな方向に曲げてしまった事に端を発する。
そして紆余曲折を経て、翌日の仙丈ヶ岳にて本格的な痛みに発展し、やがて曲げる事もままならない状態になり、撤退を余儀なくされるまでに追い込まれた顛末は先日のブログで触れたとおり。
その後2週間の休養を経て、痛みもなくなったため、つい先日燕岳へ行ってきたのだが…。
実はその時も再び膝痛を発症させてしまっていた。
一度ならば突発的な怪我ということで割り切る事も出来たのだが、こう慢性的に痛みが発生するのは問題である。


f0222003_23324571.jpg
そもそも膝痛といっても人によって、またその部位によっても千差万別なのだが、僕の場合は右膝の外側に痛みが集中していた。
痛みの種類は、筋を違えてしまったような痛みといえば伝わるだろうか?
足を攣ったときのような痛み…ともやや違うのだが、似ているといえば似ている。
ともかく膝を曲げようとすると、つい呻き声を上げたくなるような痛みが走るのである。
この膝痛が発症した時、以前股関節痛の時にアドバイスを頂いた時にbphiroさんから教えていただいた

腸脛靭帯炎という症例を思い出していた。

そして本日自宅近くのスポーツ医学に精通している接骨院にて診てもらったところ、やはり腸脛靭帯炎であるとの診断結果が出た。
しかし、そもそも腸脛靭帯とは何か??


f0222003_23332593.jpg
腸脛靭帯とは、骨盤と脛(すね)を繋ぐ靭帯である。
図のように太ももの外側を走っており、主に膝の外側の安定を保つ役割を受け持つ。
この靭帯は構造上、膝の屈伸をする際に大腿骨外上顆という骨の上を行ったり来たりしており、常に摩擦に晒されている。
日常生活では問題にならないのだが、登山やランニングといった過度に負荷のかかる運動をした時に、この部分で腸脛靭帯が擦れ、炎症を起こす事で痛みが発生するというメカニズムのようである。
発症の原因は一般的にはオーバーワークが挙げられるのだが、O脚や内股で歩く事で腸脛靭帯に捻じれが発生し、それが原因で炎症の発生を早めるという事もあるようだ。



では予防する方法はないのだろうか??




山登りで発生する腸脛靭帯炎に関して言えば、主に2つの予防方法がある。


1. 膝、つま先が真っ直ぐになるように歩く。

2. 腸脛靱帯を緊張させない。


以上の2つが挙げられる。具体的にどういうことなのか、順を追って説明しよう。

まず1の膝、つま先が真っ直ぐになるように歩くとはどういうことなのか?
真っ直ぐとは、進行方向に対して真っ直ぐであることを意味する。
つまり膝、つま先は常に進行方向を向けて歩くのが、腸脛靱帯に対しては最も素直な歩き方だというのだ。
これが内向き、あるいは外向きになると、靭帯に捻じれが発生してしまう。
捻じれが発生することによって靭帯に張力がかかり、極端に言えば靭帯がピンピンに張った状態になってしまう。

想像して欲しい。
例えば軽く張った状態のゴム紐と、ピンピンに張った状態のゴム紐。
同じように岩肌に擦りつけた場合、先に切れてしまうのはどちらが先だろうか??
あるいはナイフのエッジに当てた場合、簡単に切れてしまうのはどちらだろうか??
言わずもがな後者、緊張状態にあるゴム紐のほうが断然摩擦には弱いし、損耗しやすい。
つまりは同じ事が靭帯に対しても言えるのだ。

腸脛靱帯は、常に大腿骨外上顆という骨との摩擦に晒されていると先程述べた。
では上の例のゴム紐を腸脛靱帯に、岩肌を大腿骨外上顆に置き換えて考えて欲しい。
腸脛靱帯が緊張状態であればあるほど、大腿骨外上顆との摩擦抵抗が増え、損耗が激しくなり炎症が起きやすくなるのだ!
つまり腸脛靱帯が緊張状態になるのは望ましくなく、それを防ぐための歩き方が1のような歩き方なのである。
では1のように膝、つま先を真っ直ぐにして歩いてさえいれば腸脛靱帯が張ることはないのだろうか??


それは否である。
腸脛靱帯も他の靭帯や筋肉と同様、運動による負荷や疲労の蓄積、その他様々な要因によって徐々に突っ張っていく。
それが痛みに繋がるか否かは個人差があるが、いずれにせよ靭帯や筋肉が緊張していくのは避けられない。
ではそれを防ぐにはどうしたらいいか??


それにはストレッチとマッサージが効果的だ。


ただ、膝の痛みだからといって、膝ばかり重点的にストレッチやマッサージをするのは、こと腸脛靱帯炎に関しては間違いである。
なぜならば、そもそも腸脛靱帯炎とは腸脛靱帯の緊張や捻じれが原因で発生する痛みの症状であり、必ずしも膝自体に原因がないことが多いからである。
故に、本当にケアしなければならないのは腸脛靱帯なのだ。


f0222003_23383469.jpg
先程の写真だが、この矢印の部分の筋を伸ばすような形でストレッチを行うのが腸脛靱帯炎には有効だ。
また、医師の話では、山行一週間前くらいから山行後1週間くらいまでの間、1日10分でいいので矢印の部分、腸脛靱帯の部分を指圧でマッサージしてやるといいようだ。
そして丸で囲った部分、ここには腸脛靱帯の張力を調整する筋肉、筋膜張筋があるらしい。
ここも指圧でマッサージしておくと腸脛靱帯の緊張を緩める事ができる。




さて、そんなわけでどうやらしばらくの間、膝痛とお付き合いをしていかなくてはならないようである。
上記のケアや予防方法は医師のアドバイスなので的確ではあるが、一口に膝痛と言っても人それぞれ患部や原因は微妙に異なるので、必ずしも万民に通用する治療法であるとは言い切れない。
そもそも僕にしたってこれで膝痛が解消できるかどうかはまだわからない。
しかし、前回2週間安静にしていたにも関わらず再発してしまったのだから、やはり何かしらの治療とケアは必要なのだと今回実感した。
暗中模索ではあるが、出来る事を出来る範囲でやり、それが結果に繋がれば御の字だ。

そんなわけで、もし同様の痛みを抱えて困っている方に少しでも助けになれば幸いである。
また、今後もしばらく経過観察し、また伸展があったらブログでアップする予定です。


↓ ご愛読ありがとうございました。参考になりましたらポチっとしていただけると嬉しいです(*´∀`*)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

by misawa_re7 | 2010-07-08 23:53 | 考 察


<< 【道 具】 INTEGRAL ... 【山行記録】 梅雨の3000m... >>